• 管理者ページ
  • アフィリの飼い犬・J-GAL県別列伝黒板 飛翔の戦士・ウラヌスとバロン西
    無料
    エロ
    動画
    「J-GAL県別列伝(アイドル・AV 女優編)」の「すこしカルト板」です。 dark side of the innocence
    • 2017/04
    • 2017-05 :
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • 2017/06
    飛翔の戦士・ウラヌスとバロン西
    2007年04月24日(火) 16:32



    オルゴールの詩人が新作をリリースした

    「ウラヌスとネプチューン」通称「ウラネプ」

    やはり「ムーン」の中の曲で、男装の麗人・天王はるかが変身する

    「天王星を守護にもつ飛翔の戦士セーラーウラヌス」・・・

      hama2.jpg


    えっ?ウラヌス・飛翔とくれば、戦前のロサンゼルス・オリンピックの馬場馬術で金メダルをとった

    希代の名障害馬の事を連想するじゃないか

    で、名馬・ウラヌス号と西 竹一騎手のことを書く


    20070424154624.jpg


    「ウラヌス(ウラノス)」 はギリシア神話の天空の神だ

    いちばん最初に神の中の王になった人物(神物)である

    馬の方のウラヌスは、希に見る大型馬で、たいへん気性が荒かったという


    sailormoon.gif


    イタリアにいた持ち主は、ウラヌスを乗りこなせず売りたがっていた

    それをを聞きつけ西は、6000リラで購入した

    はじめのうち、彼はウラヌスを手なずけられると思っていた

    どんな荒馬でも、力で屈服させてきた男である


    hayakita_11.jpg


    ところがウラヌスは、この誇り高き男の命令にも逆らった

    どんな事をしても、言うことを聞かない

    ウラヌスは気性が荒かったのではない

    全身、これプライドの塊だったのだ





    馬というのは、下手な騎手が乗ると、

    馬鹿にして、まったく言うことを聞かないばかりか

    人間を、からかったりもする事がある





    プライドとプライドが、ぶつかり合う日々の調教の中で

    とうとう、西の方が折れた

     



    「よし、自分がウラヌスに、合わせてみよう」

    ウラヌスも、西の才能を見抜いていたのだろう

    その瞬間に、最強のコンビは誕生した
     




    ウラヌスが大障害を飛越する写真が残っている

    馬場馬術の関係者や、競馬オタクが見たら、度肝を抜かすような飛び方だ

    人間でいえば「走り幅跳び」の飛び方だ


    baronnishi.jpg


    そのフォームで「はしり高跳び」をしている!!!

    助走・飛越のスピード・レンジが、ものすごく早かったと推測される

    下手をすれば、足をぽっきりやっていまう


    image4.jpg


    一般の飛び方と比べて欲しい

    前足を、折たたんで飛ぶのが、常識ある馬と人というものだ


    img9892b9e4zikezj.jpeg


    障害飛越は、馬にとっても人にとっても、ものすごく怖いという

    障害物に近づくにつれ、目のに立ちはだかる壁にも見えるそうだ

    騎手が恐怖心を抱くと、馬は瞬時にそれを察知して、飛ぶのを止めてしまうと聞いた事がある


    imgd810982dzik6zj.jpeg


    後に競馬の障害レースで、天才と言われた

    グランドマーチスやバローネターフも、これに近い飛び方をしたが

    ここまでは極端ではなかった


    img710d7023zik3zj.jpeg


    「バロン・ニシは愛馬ウラヌスとともに、その難関を乗り越え金メダルを獲得する。

    万雷の声援であったという。

    彼が優勝のとき残した言葉は「We Won(我々は勝った)」であった。

    ウラヌスとともに勝ったという人馬一体の勝利の意味である。




    当時、満州事変等日本の国粋主義的行動や、勤勉であった日本人の移民等により

    日米関係は大衆レベルでも冷え切った状態であった。

    日本人に対して、必ずしもよい感情を持っていなかったアメリカ人であったが、

    バロン・ニシに対しては特別な思いがあったのかもしれない。





    男爵(バロン)の称号を持ち、英語を流暢に話し、軍人であるにもかかわらずお洒落な髪型をし、

    当時では珍しいラジオ付オープンカーのパッカードに乗って練習へ行き、

    時々宿舎を抜け出しては夜な夜なロスの町でハリウッドの女性と飲食をともにするバロン・ニシに対

    しては、国際感情を突き抜けたところがあったのではないのだろうか。」

    ( JOC / 「馬術競技で初の金メダルを獲得した西竹一中尉とウラヌス」より )




    ヨーロッパにとって、競馬は「KING OF SPORTS」、スポーツの頂点にあるものであり

    近代オリンピックでは、閉会式当日に行われていた馬術こそが「グランプリ競技」だった

    こんばんは〜。わたしもPCも病院通いで散々な日々を送っています;;
    障害馬贔屓なんですよ(笑)
    今日もネットカフェからでした。
    お久しぶりです。
    長らく入れず、なぜか病室の簡単ネットで来られた(笑)。
    バロン西さんのお話は昔からよく見聞きしてます。何度もドラマにもなりましたね。昔は硫黄島といえば、バロン西の話が定番でした。

    この五輪大会は絶賛されているけど、なかなかの接戦でわずかなポイント差の勝負でしたね。当時の記録映像を何度も見ました。
    火我さん、ようこそおいでくださいました。「硫黄島で玉砕した西中位の後を追うように馬事公苑で息をひきとったウラヌス」という事になっていますが、当時の日本の状況を考えると、悲観的な想像を持たざるを得えません。戦時中のダービー馬・カイソウも行方不明だったんですよ。
    人間が、有事に総動員される前に、馬は軍馬として扱われますから・・・
    いいね♪
    私はこういう話が大好き,というか,こういう話に飢えている。
    Anneさん,ありがとう。
    Comment投稿
    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    人気blogランキングへ
    ブログランキング
    有名ブログランキング
    ブログの殿堂

    無料 アクセス解析RMT

    アダルトブログランキング
    人気アダルトBLOG
    girl.champdegogo








    Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
    close