• 管理者ページ
  • アフィリの飼い犬・J-GAL県別列伝黒板 怪獣たちの出身地・成田 亨のデザイン (青森県)
    無料
    エロ
    動画
    「J-GAL県別列伝(アイドル・AV 女優編)」の「すこしカルト板」です。 dark side of the innocence
    • 2017/11
    • 2017-12 :
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • 2018/01
    怪獣たちの出身地・成田 亨のデザイン (青森県)
    2007年06月10日(日) 23:12
     
     



    ウルトラQや、ウルトラマン、ウルトラセブンに登場する怪獣たちのデザインしていたのは、

    成田 亨(なりたとおる)という彫刻家・造型家だった。

    生まれてスグに青森県にやって来た。

    ヘンな言い方だが、怪獣たちのふるさとは青森県だという見方も可能なのかもしれない。





    「新しいデザインは必ず単純な形をしている。

    人間は考えることができなくなると、ものを複雑にして堕落してゆく」

    ・・・以下、成田 亨の言葉を並べる。





    その頃の私は怪獣、宇宙人、新兵器のデザインをしていました。

    いまだかつてこの世にいない形を創り出していくのは大変でもあり、楽しくもありました。

    台本は出来ていないことがほとんどで、

    企画書から次の話はこんな風になりそうだと聞いて、私のイメージをふくらまし、そして描くのです。





    回を重ねるとこの企画者が不思議なことを言い出しました。

    次は戦艦大和を怪獣にしてくれ、と言うのです。そんなもの怪獣になるわけがない、

    あまりにもマンガ的発想です。





    私は特撮はマンガとは全く違うと思っていましたが、言い争って企画にまでハマリ込む気にもならず、

    なんとか大和の怪獣を作りましたが、今度は恐竜戦車だと言うのです。





    私はこのプロダクションは永く居る所ではないナ、と思い始めました。

    さらに困ったのは全身にケロイドをつけてくれと言う監督が現れ、私が築いた美学は否定されようとしています。

    円谷英二さんとの間にも亀裂が入り始め、私はプロダクションを辞めました。





    私は何かをやらねばならない時には必ず『根本』というものを考えます。

    例えば絵を一枚描くときには初動・エモーション(最初の感動)を大切にします。





    私の絵は私のエモーションを具体化するためだけに描くのであって、

    絵画の常識にへつらったり、展覧会に並べて人に讃められるのを期待して描くのではないからです。





    エモーションの形を追いつづけるのです。

    それが作家の精神です。

    芸術というのは、このエモーションを追いつづける無償の行為だと私は思っています。





    若い人たちがいうように、私以後によい怪獣が生まれていないとしたら

    そのデザイナーたちは、怪獣の中で怪獣を考えようとするからかも知れません。  





    成田 亨の怪獣デザインの多くは、天然自然の生物が元になっていたようだ。

    だから、機能美・必要美があり、ただ怖いだけではなく味がある。どこかしらユーモアもある。

    それらを元に、イメージ膨らませて、膨らませて、中に人間が入れるような造型をしていく。





    この純粋な思考に、割って入ってきたのが、スポンサーである「BANDAI」の社長だった。

    ここは赤にしろ。赤いものの方がよく売れる。

    玩具にしたときセットで売れる物をつくれ。

    そういった現場でのやりとりは、実相寺昭雄が本に書いていた。






    ・・・重ねて書きますが、よいデザインを創る条件は−、

    根底から問題を問い直すこと。

    形に対して、きびしく自分を問うことです。

    デザイナーではなく作家の精神をもつことです。





    そして一人で考え、一人で描くことです。

    たくさんの人が集まって相談するとデザインは必ず、くだらないものになります。

    そして、これがよいと思ったら強引に押し通すことです。





    新しいデザインは必ず単純な形をしています。

    人間は考えることができなくなると、モノを複雑にしてして堕落して行くのです。





    「堕落して行く人間」という言葉で、成田 亨は何を言いたかったのか?





    ウルトラマンの故郷は、沖縄である。

    ウルトラマンを作った沖縄の金城哲夫は、もういない。





    そして、怪獣たちを造った成田 亨も、もういない。

    だが、その作品たちは何百年かの命をもって、未来の人間に故郷の話を語っていくことだろう。


     

    Comment投稿
    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    人気blogランキングへ
    ブログランキング
    有名ブログランキング
    ブログの殿堂

    無料 アクセス解析RMT

    アダルトブログランキング
    人気アダルトBLOG
    girl.champdegogo








    Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
    close